こんにちは!ジーフェイスのスタッフNです。

ソムフィキットの施工は窓回り。
なんですが。。。窓回りに電源があるおうちばかりとは限りません。

そんな場合は屋内のコンセントから電源をとらせていただきます。

そう書くと、窓の隙間から電線が入って、家の中のコンセントに差し込むというイメージを持たれることも。

今日はそんな場合の施工の様子をご紹介します。

下の写真、左の隅にちょっと映っているのが窓です。

たとえば、見えなくてもこの窓周辺に電源をとれる場所があれば、その場所から分岐して電源をとることが可能なのです。

ところが、こちらのお住まいは窓回りに電源となるものがなく、「元々のコンセント」の位置にコンセントが設置されていました。

そこで、このコンセントの根本から電線を伸ばして、窓の近くに新しくコンセントを作ります。
外側に電線を伸ばして、ソムフィキットの電源といたします。

お住まいの内側ですので、延長した線も見苦しくないようにモールで隅のほうに固定しました。

お客様はコンセントが増えたこと、施工後にお部屋の様子も変わっていないこと、そしてシャッターが電動化されたことで、大変喜んでくださいました。

当社には、「我が家こんな状況だけれど施工できますか?」「他社で断られてしまったんだけど、電動化できますか?」などのご質問をいただきます。

当社では、可能な限りお客様のご要望にお応えできるように、さまざまなご提案をいたします。

シャッターを電動にしたいけど、我が家はどうなんだろう、とお考えの方、お気軽に当社にご相談ください。

お問合わせは、電話、LINE、メールフォームにて承っております。

LINE@のお友達追加はこちらから!!