こんにちは、「日本中の窓シャッターを電動に!」のジーフェイスのWEB担当なかやまです。

当社は、窓シャッター電動化で、あなたの暮らしに豊かさがプラスされるように、日々シャッター電動化工事に邁進しております。

9月~10月は日本は台風シーズン。

ここ数年、台風の規模が大きくなり、それに伴って被害も大きくなっているようです。

2018年 大阪を中心とした台風21号
2019年 千葉を中心とした台風15号

いずれも、想定外の暴風で普段飛ばないようなもの、例えば家の屋根や車、普段は飛ばないサイズの看板などが吹っ飛んだりしていました。

また、暴風で飛んできたものが窓にあたって、窓ガラスが割れるということも多くの地域で起こっていたようです。

暴風が原因で飛んでくるものから窓を守る方法

台風接近のニュースを聞いたら、まずは家の周りにあるものを家の中に避難させることが鉄則です。
ゴミ箱や自転車、植木鉢などは、必ず避難させることです。

歩いている人にぶつかったり、駐車してある車にぶつかったりなどで、別の被害が出ないとも限りません。

雨戸がある場合は、必ず閉めましょう。シャッターも必ずおろしてください。

また、できるなら網戸も外しておきましょう。

雨戸やシャッターがない場合は、ダンボールや養生テープ、あるいはガラス用の防犯シートを張って、ガラスが割れても飛散しないように工夫しましょう。

【追記】養生テープやガムテープを✕印に貼ると、窓全体の強度が弱まるという記事がありました。
ガラス用の防犯シート、ガラス飛散シート、ダンボールで、割れたガラスを貼ったほうが良いようです。

窓シャッターは必ず閉めましょう!

普段開けっ放しのシャッターや雨戸も、このときは必ず閉めておきましょう。

風雨が強くなると、シャッターや雨戸を閉めるために窓を開けることすら困難になります。風や雨が強くなる前に対処しておきましょう。

風雨が強くなっても安心な電動シャッター

風雨が強くなると雨戸やシャッターを閉めるのが困難になったり、そのために窓を開けるとかえって危険な場合もあります。

そんなとき、電動シャッターなら窓を開けずにボタンひとつでシャッターを閉められるので、強くなった風や豪雨の中でもすぐに閉めることができるので安心です。

また、最近の電動シャッターは停電対策もされているので、もし停電してしまっても、台風一過の時に手動でシャッターを開けることも可能です。

とはいえ、今ある窓シャッターを電動シャッターに変えるには、それなりの費用がかかるのでどうしても躊躇される方も多いと思います。

窓シャッター電動化をかんたんに!

そんな時に使えるのが、今ある窓シャッターをそのまま使って、芯棒だけを電動にする「ソムフィキット」です。

ジーフェイスでは、多くの手動窓シャッターを電動化してまいりました。
我が家も実際にソムフィキットで電動化しております。
大きな台風の時に、気づいたら風が強くなっていたけれど、リモコンで窓シャッターを閉められたので安心でした。

また、シャッターを閉めることで雨や風の音も多少小さくなり不安感が小さくなりました。

ソムフィキットを取り付けられたお客様からはこのようなメッセージをいただいています。

・シャッターがあったから暴風の中で不安にならなくてすんだ
・急に風が強くなったけれど、電動化していたので、窓を開けずシャッターを閉められた
・もし雨戸がなかったら・・・と考えるとシャッターをつけてもらってよかった
・電動シャッターなのでリモコンで閉められてよかった。電動じゃなかったら窓を開けないといけなかった
・風の音が怖かったけれど、シャッターを閉めることで音が小さくなって少し安心した

窓ガラスを守ることができる、暴風の音が少しでも小さく聞こえる、窓を開けずにシャッターを閉められるなど、電動シャッターが台風や大雨などの防災に少しでも役立つことができたのは、私達も大変ありがたく思っています。

また、電動シャッターは、停電になるとロックが掛かり開け閉めができない機種もあります。
ソムフィキットには、停電時は付属のレバーを引くと手動に切り替えて操作することができる「非常時手動開放」機能があります。

万が一、停電してからでもシャッターの開け閉めが可能なので、より安心です。

外出先でゲリラ豪雨!そんなときはスマホから窓シャッターを操作

在宅していたら、電動シャッターのスイッチを入れられるので、安心。
でも、外出先でゲリラ豪雨などに出会ったらどうするの?

そんなときは、connexoon(コネクスーン)の出番です。

スマホでシャッターの開閉ができるconnexoon(コネクスーン)なら、外出先からシャッターそうだが可能。
会社、買い物などなど、外出中にゲリラ豪雨に遭遇したときなど、その場でご自宅のシャッターを閉めることもできるようになりました。

コネクスーン特設サイトはこちらをクリック!

ソムフィキット次世代コントローラーコネクスーン

今までになく台風の多かった昨年、そして雨の多い今年、シャッターのありがたさを改めて感じました。

今後も、このような状況になりえることは十分想定できます。

シャッターのついていない窓には電動シャッターを、手動シャッターには電動化を、防災という面からもご提案してまいります。

シャッターの電動化、電動シャッターの新設は、お気軽にジーフェイスにお問合せください。