こんにちは、「日本中の窓シャッターを電動に!」のジーフェイスのWEB担当なかやまです。

当社は、窓シャッター電動化で、あなたの暮らしに豊かさがプラスされるように、日々シャッター電動化工事に邁進しております。

この度の台風19号で被災された方へのお見舞いを申し上げます。
当社は本社が千葉県市川市、このような大きな台風は初めてのことでした。

10月15日現在、まだまだ停電している地域は多いようです。

停電のとき、電動シャッターは開け閉めできないのでしょうか?
そんなお問い合わせをたくさんいただきます。

最近の大抵の電動シャッターは、停電時は手動で開けられるようになっているようです。

まずはマニュアルを確認する

メーカーやタイプによって異なりますので、マニュアルを御覧ください。

全メーカーで共通しているのが、手動操作中に停電から復旧した場合に危険な場合があるので、必ず電源を切ってから操作してください、ということです。

それでもわからない場合は、各メーカーにお問い合わせください。

事前に自宅のシャッターメーカーを確認しておく

いざというときのために、シャッターメーカーを確認しておくことと、メーカーの問い合わせ先を控えておくことが役に立ちます。

特に、一般工務店で施工された家の場合、どのメーカーのシャッターを使っているかわからないこともあると思います。

その場合、シャッターの下部のラベルに問い合わせ先などが貼っている場合があります。

その内容をメモに控えておくと便利です。

シャッターラベル

ソムフィキットの場合

ソムフィキットで電動化したシャッターであれば、停電時でも簡単にシャッターの開け閉めができます。

シャッターの横に取り付けた非常時開放レバーを引っ張るだけで簡単にシャッターを動かすことができます。

こちらにご紹介しております。

停電の場合、手動でシャッターを開けることができますか? → https://wp.me/patsIb-1w

動画でもご紹介しています。

停電時、電動シャッターはどうしたらいいの?とどうしても不安になりがちですが、手動に切り替えが可能な場合がありますので、まずはメーカーにお問い合わせをしてください。

シャッターを開けることで気分を変える、閉めることで安全を確保することができます。

また、ソムフィキットを取り付けられたお客様でご心配なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。