こんにちは、「日本中の窓シャッターを電動に!」ジーフェイスのWEB担当なかやまです。

当社は、窓シャッター電動化で、お客様の暮らしに豊かさがプラスされるように、日々シャッター電動化工事に邁進しております。

今回は電動シャッターが壊れた時のケースです。

手動シャッターが壊れたとき、例えば電動シャッターに交換する、や、芯棒を交換するなどの方法があります。当社でソムフィキットにされるお客様もおられます。
が、電動シャッターが壊れたときに修理はできるのでしょうか?

当社にもまれに、そういうお問い合わせがあります。

例えば、新しいシャッターならメーカーの修理は可能です。
でも、古いシャッターの場合、メーカーの修理ができないと言われることもあります。

電動シャッターの故障の原因は、殆どの場合モーターか電気制御系の故障。
そして古いシャッターの場合、部品がすでになくなっていることもよくあることです。

シャッターをすべて交換する場合は、費用が多くかかる以外にも、シャッターが建物の内部とつながっていたり、サッシと一体だったりすると、それなりに大掛かりな工事になりますし、場合によると建物へのダメージが大きくなる場合も発生します。

ソムフィキットなら、芯棒もコントローラーも取り替えるので、今までの電気制御もモーターも関係ありません。
芯棒は変わっても、今まで使っていたシャッター部はそのままに電動シャッターとしてお使いいただくことができます。

古いシャッターの場合は、シャッターが上がる(または下がる)までボタンを押し続ける必要がある商品もありますが、ソムフィキットならリモコン操作でワンタッチ。一度ボタンを押せば勝手に上がり(下がり)続けます。

タイマーリモコンなら、時間になれば自動で上げ下げをします。
また、コネクスーンというスマホからシャッターを操作できる商品もあります。

修理不可能な場合はもちろん、修理可能な場合も、ソムフィキットをお選びいただくことで、たくさんのメリットがあります。
電動シャッターの故障は、修理よりも再電動化で最新機能のシャッターにしてみませんか?。

窓シャッターが重い、開閉が面倒だ、などのお悩みは電動化で解決できます。
シャッター電動化で暮らしを「ちょっと」快適に。
ソムフィキットなら、今ある窓シャッターをそのまま電動化でき、価格もリーズナブル。
シャッターの開閉に疲れた方、ぜひ電動化をご検討ください。

■窓シャッター電動化ソムフィキットについてはこちら
https://www.g-fase.jp/somfykit/

■コネクスーン販売ページはこちら(単体でご購入いただけます)
https://gfase.thebase.in/items/21191253

■ソムフィキットに関するよくある質問はこちら
https://www.g-fase.jp/faq/

お見積り依頼、気になることなどは、電話、LINE、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。