こんにちは、ジーフェイスのWEB担当なかやまです。

当社は、「日本中の窓シャッターを電動に!」をモットーに、窓シャッター電動化であなたの暮らしに豊かさがプラスされるように、日々シャッター電動化工事に邁進しております。

リモコンでシャッターが開閉するのはとても楽で快適なのです。
ましてタイマーで自動で開閉するようになると、シャッターそのものの存在すら忘れることがあります。

ところが、ある日シャッターが突然動かなくなる、タイマーを見ると本来は時刻が表示されているはずなのに何も表示されていない。

すわ!故障??と慌てられる方も多いと思います。

原因は、殆どの場合(というかほぼ)タイマーリモコンの電池切れ。
電池を交換すれば、元通りに動くようになります。

単4電池2本をご用意ください。
白いカバーを外し、出てきた黒い本体をスライドさせて取り外します。
ひっくり返すと電池が交換できます。
電池を交換したら、もとに戻してタイマーの設定をお願いします。

電池交換の方法は、「よくあるご質問」のこのページに写真付きで詳しく記載いたしました。

タイマー付きリモコンの電池交換はどうすればいいですか?

ソムフィのリモコンは、電池が減ってきたら、動作が遅くなるとか、動きがおかしくなるとかいう前兆なしに、ある日突然動かなくなるのです。なので、故障?と焦ってしまうのですが、まずは電池を交換してください。

窓シャッターが重い、開閉が面倒だなどのお悩みは電動化で解決できます。
ソムフィキットなら、今ある窓シャッターをそのまま電動化でき、価格もリーズナブル。

シャッターの開閉に疲れた方、ぜひ電動化をご検討ください。

電話、LINE、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

友だち追加